01.ボタン各種
 02.セイミツ製レバー
 03.三和製レバー
 04.パドルコントローラー

第4回・パドルコントローラーをバラす!
主にブロック崩しゲームで使われる、センサータイプのパドルコントローラーの紹介です。


 ここからは、特殊操作用のコントローラーを紹介していきます。まずは、水道の蛇口をひねるような感覚でくるくる回す事のできる、パドルコントローラーです。

 コンパネには、2人同時プレイできるゲームの場合、上写真のように1P2Pそれぞれにパドルコントローラーが1つずつ、それを挟み込むようにボタンが左右に1個ずつついているのがオーソドックスです。他にも通常、レバーのある位置にそのままついているのもあります。
 パドルコントローラー部分を後から見ると、左写真のように接続されております。


コンパネから外したところ。

後ろからばらしていきます



棒に付いている部品を
全部取っちゃいました

本体部分から先に。
歯車を1つ外し・・

メインシャフトに
ついた歯車を外し・・

メインシャフトを固定
していたEリングを外し
て、これで全部です

下の金属板よりセンサー
基板を外しました

センサーを反応させる
部分を取って

Eリングを取ると、
全部ばらせました


パドルコントローラー全部品



 パドルコントローラーは、パドルを回すと、歯車を介して、左写真の黒い円盤状の部品を回します。その部品には、円周に沿って一定間隔で穴が開いています。

 センサーは2列ついていて、部品が回る事によって、センサー信号部分をふさいだりふさがなかったりします。センサーは「ふさぐ・ふさがない」で1カウント数え、これを操作としてゲームに伝えるのです。左右回転は、2列にならんでいるセンサーの、どっちが先に反応したかで判別します。