アレスの翼  (1986 Capcom) 

機種:『アーケードゲーム』
操作方法:
上下左右/自機の移動 ボタン/地上ショット・空中ショット・ジャンプ

 「おんがくでおすすめ」最初の作品は、ゲーム音楽ファンの間でもはや伝説となっている「アレスの翼」を紹介します。
 この時期のカプコンサウンドは、GMOレーベルのアルファレコードから3タイトル、カプコン・ゲームミュージックVol.1/2/3と出てまして、ほとんどのゲームが収録されているんですが、なぜかこのアレスの翼だけすっとばされております。

 ゲームは縦スクロールのシューティングで、途中に、敵がいる面だったりボーナス面だったりする、横スクロールアクションになるイベントが用意されていて、これに入ったりしながら進んでいきます。自分のキャラの当たり判定がかなり広く、敵も単調な攻撃しかしてこないと、決して面白いとは言えないゲームなんですが・・

 この時期のカプコンは音源にYM-2203を2個使い、FM6音で音楽、PSGで効果音という使いかたをしていて、当時としては贅沢でしたが、FM音源なのに音色を数種類しか使っていないため、お世辞にもいい音は出ていませんでした。そのぶん音楽自体で聞かせようとしていたのか、作曲者のセンスが光っている作品も、よく見受けられました。

 なかでも、アレスの翼こそ、当時のカプコンサウンドの最高峰に位置する音楽が聞けるのです。メロディを主体とした音楽で、メロディーラインに感動ひとしお。どのシーンの音楽も裏切りません。ネームエントリーの曲まで妥協なし。本当に、なんでアルバムに収録されなかったのか不思議でなりません。

 ただ、当時発行されていた。Beepというゲーム雑誌の付録として付いていたソノシートに、数曲だけ収録されていました。
 当分の間、この音楽が聞けるのはソノシートしかなかったんですが、2002年5月にイベントとネットで、アレスの翼とサイドアームの入ったマキシシングルが正式に発売されました。しかし、ソノシートと若干テンポが違うんですが・・バージョンの違いでしょうか。

>>【用語集】

《アレスの翼》1986 Capcom ALL RIGHTS RESERVED