バトルフォーミュラ (1991 SUNSOFT/TOKAI ENGINEERING)

機種:『ファミリーコンピュータ』
操作方法:
上下/自機のスピード調整 左右/左右移動 Aボタン/左右ショットの角度調整 Bボタン/ショット

 スーパーファミコンも発売され、ファミコンゲームも発売本数が少なくなってきた頃に出たゲームの中には、「これは!」と思わせるゲームがいくつか登場していますが、これはそのうちの1本です。

 この頃になると、ファミコンというハードも使いこまれてきてるため、発展的な試みをしているソフトが多数見られましたが、このゲームを作っている「東海エンジニアリング」というメーカーは、特に超技術プログラミング集団で「ファミコンでこんなことを!」と言わしめる事を次々としています。
 バトルフォーミュラも例外ではなく、ゲーム内容こそ、主人公が車の縦スクロールシューティングゲームで、トラックが運んでくるアイテムでショットのパワーアップや連射、ライフの回復を行いながら進んでいき、その面のボスを倒すと1面クリアという、一見普通のゲームなんですが、ファミコンというハードの使いかたがシャレになっていません。

 例えば、ファミコンはスクロール画面を1枚しか持ってないのに、2重・3重スクロールは当たり前、ラスタースクロールを駆使してカーブを表現、音楽はファミコンのPCMもどきのデルタ波でベースの音を鳴らす、でかいボスにでかいレーザー、素人の私でもびっくりする事ばかりです。これは実際見てほしいです。

 ただ!残念な所が1つだけありまして、自機が戦闘機になる面がありまして、ここはもろシューティングゲームになるんですが、展開がたるい!長いんです。ここがもうちょっと短ければよかったと、個人的に思っております。

>>【用語集】

《BattleFormula》1991 Sunsoft/Tokai Engineering ALL RIGHTS RESERVED