クライング (1992 Sega)

機種:『メガドライブ』
操作方法:
上下左右/自機の移動・オプションの方向調整 ボタン/ショット・オプションのショット

 とにかくこのゲームは発売時期が悪かった。セガが全力を挙げて宣伝、マスコットキャラクターにまで採用した「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」とほぼ同時だったため、評価自体あまりされることのなかった、セガ純正の横スクロールシューティングゲームを紹介します。

 この時期の横スクロールシューティングは、演出や雰囲気を重視するものが多かったのですが、まさに、クライングは雰囲気を追求しています。それは「虫」。

 自機も4種類の虫型生物兵器から選択、敵もとんぼやハエの飛行するものから幼虫、はたまたよく分からない生物まで、苦手な人にはたまらない!?グラフィック。説明書に設定資料がちょっと載っているのですが、トンボが1メートルにウジが30センチなど、とにかく大きい。想像すると悶絶必至!

 そして何と言っても音楽。FM音源で出せる限りの重い音を駆使して、最初から最後まで不安感をあおらせる展開は、音楽というより効果音に近いものを感じます。BGMとしては秀逸の出来なので、ゲームをプレイしながら聞くと雰囲気バツグンです!是非、重低音をきかせて味わいましょう。

 ショットとためうちが使える自機と、レバーを入れた方向と反対方向に、自機の周りを回転して動くオプションで敵を攻撃。パワーアップとショットの種類が変わるのはオプションのみ、という、ゲームシステム。
 このシステム自体は、他のいくつかのゲームに見られたもので、目新しさはありませんが、雰囲気作りのできの良さは一見の価値ありなので、見るだけでも楽しめると思います。

 個人的には、今のグラフィックで気持ち悪さ大幅UP!の「クライング2」を作ってほしいんですが。

>>【用語集】

《Crying》1992 Sega ALL RIGHTS RESERVED