ガンバスター (1992 Taito)

機種:『アーケードゲーム』
コントローラー:レバー+ガンコントローラー
操作方法:
レバー上下/進む・戻る・(視点を変えずに)左右移動
ガンコントローラー/照準の移動・左右を向く(左右回転)・弾の発射

 ガンシューティングゲームといえば2人同時プレイ、が今でも主流ですが、筐体写真をご覧下さい。ガンコントローラー(以下ガンコン)が4つ・・そうです、ガンバスターは4人同時までプレイ可能なんです。
 しかも画面を2枚にすることで、今まで協力プレイしかできなかったガンシューティングというジャンルに、初めて「対戦プレイ」という概念を取り入れた意欲作です。

 さてどのようなゲームかというと、決められた3Dフィールド内で、ターゲットを破壊するとクリアとなります。
 写真では見にくいんですが、ガンコンの左前付近にレバーがついています。これでフィールド内を移動しつつターゲットを補足、ガンコンで照準をターゲットに合わせて弾を発射!特殊弾もあり、うまく使って大ダメージを与えることもできます。

 プレイヤーの移動にレバーを使用することで、ガンの照準移動と自分の移動が別々にでき、決められたフィールド内で、ある程度接近しないとターゲットのいる方向が表示されないため、緊張感は抜群で、相手がどう移動するかを予測し、物陰を有効活用しながらの戦略が、とても重要になります。おかげでコンピュータ戦はもとより、対戦プレイの面白さも完全保証!

 では、2人協力プレイと3人または4人での対戦プレイはどうなるかといいますと、2人で1画面を使用。1人がガンのみを操作、残りの1人が、ガンのみ操作しているプレイヤー共々の移動を受け持ちますが、移動担当のプレイヤーにもガンが使えるのがこのゲームの面白いところで、移動を受け持つ側の技量がかなり要求される事となります。

 バーチャロンやスパイクアウト、VSガンダムタイプの対戦ゲームが受け入れられ、システムが受け継がれてきた現在、もしこのゲームが今のハードを使って出ていたら、いい具合に流行ったのではないかと思わせます。アイデアとしてはちょっと早すぎたのかもしれません。

>>【用語集】

《Gunbuster》1992 Taito ALL RIGHTS RESERVED