最新の記事

2020.09.24

サラダパン

IMG_1738.jpeg

これ、なんだかご存知ですか?私はつい最近知りました。

滋賀県民ならみんな知ってるサラダパン。コッペパンにサラダ風(マヨネーズなど)のペーストを挟んだものです。材料にたくあんが入っていて独特の食感があるのが特徴でしょうか。

テレビに出ているのを見て、なぜか食べたくなり滋賀県の本家つるやパンまで買いに行ってしまいました・・なにやってんだか。

ちなみに滋賀県警のマスコットキャラクターけいたくんがあしらわれています。今は滋賀県警とコラボしているようです。裏には横断歩道では歩行者優先で行きましょうという啓発運動について書かれていました。

警察とコラボするくらいだから、滋賀県民への浸透度がうかがえます。

ちなみに赤こんにゃくも買いました。まだ食べてないですけど。

地元のソウルフード、私は大好きなので、こういうのがあったらすぐ買いに行きますよ。今度はどこ行こうかな。

 


2020.09.22

カップヌードル

IMG_1736 2.jpeg

更新ペースが週1回程度になってます。こんな感じでやっていくので、のんびり見にきてください。

さて、この前の日曜日、ドンキホーテに行ったら謎のカップヌードル発見。抹茶とな。安売りしていたところを見ると、売れなかったんでしょうね。安売り大好きな私でも、なかなか手に取ろうと思いませんもの。

というわけで怖いもの見たさに購入。食べてみたら、思ったより普通の味。良かったのやら、悪かったのやら。ほんのり抹茶味で、カップヌードルの味の方が強かったです。

 


2020.09.11

東京のコロナ患者8月

安倍首相が退任の意向を示してから、新型コロナの話題がテレビから減った気がするのは私だけでしょうか。こんばんは。おとやです。

今月も、東京の感染者推移を見てみましょう。今回もとても簡単ではありますが、これだけは見ておく必要のある数字を確認しておきましょう。出典はすべて、東京都のコロナウィルス感染症対策サイトです。グラフは8月からのみ掲載します。掲載にあたり、グラフの数字がわかりやすいように編集しています。

 

今月も最初に「新規患者に関する報告件数の推移」です。

1-1.png

1日400人を超えることがありましたが、徐々に減少しているように見えますね。それでも200人前後ですが。23区内の飲食店自粛要請が効いているのでしょうか。それとも、新しい生活スタイルが浸透してきているのでしょうか。どちらにしても、国民の努力ですね。

 

次は「新規陽性者における接触歴等不明者数」です。どこで感染したか分からない人です。グラフの下の白抜き棒グラフが感染歴等不明者(以下、不明者)、上の緑色棒グラフがどこで感染したか分かっている人です。オレンジ色の実線グラフが増加比です。(増加比は、1週間前の接触歴等不明者数(移動平均値)との比較)

1-2.png

もはや不明者多数派となっています。増加比も横ばい傾向で、どこで感染してもおかしくない状態、といっていいかもしれません。感染者数は減っても、不明者の比率は減りそうにないかも。

 

そして、最も注目するグラフがこれです。検査人数と陽性率です。緑色の棒グラフが陽性人数、オレンジ色の実線グラフが陽性率です。

1-3.png

ここで重要なことは、新規患者が減少しているにも関わらず、PCR検査数は5000件前後をキープしていることです。このことから、単純に新規患者が減少していると言えます。当然、陽性率も減少します。7月の陽性率(オレンジ実線)が6%程度だったのが、4%台に減少しています。

7月も同じペースでPCR検査をしており、その時は検査数増加が感染者数増加の原因の1つでした。8月の数字を総合すると、どうやら現実的に「新規感染者の減少」が起きている、と言っていいと思います

 

最後に、入院患者数を見てみましょう。

1-4.png

8月中旬をピークに、入院患者も減少に転じています。ちなみに重傷者数は、8月下旬をピークに下がり始めています。新規感染者数の減少が、そのまま入院患者の減少につながっているようです。重症者数は少し遅れて推移していますが、重傷者の減少は回復した人もいれば、死亡退院した人もいるわけで、いろいろ思うところがあります。

前回検証した時より、新型コロナ感染が収束に向かっているかのように見えます。そして、テレビでの話題も9月になって減ってきました。今後の流行は、専門家の間で意見が分かれています。年末までに死者10万人になるという検証もあれば、日本人はすでに集団免疫を獲得しつつあるから大丈夫としてみたり。実に様々な説明を専門家が行っていますが、世界的に見るとまだまだ流行は拡大しています。

国内で収束に向かったとしても、海外からまたやってくる可能性は低くないです。引き続きソーシャルディスタンス、手洗いうがいなど、基本的な対策は続けましょう。正しく怖がろう新型コロナウィルス!

正しく怖がろうコロナウィルス!


2020.08.27

オールアバウトナムコ

aan.jpg

この表紙を見て「なつかしいな」と思った方は、ゲーセン時代に生きた人ですね。1985年に初版で出た本が、再再販されまして発売されましたーパチパチ。再販時は少し小さかった覚えがあるのですが、少し大きくなったかな?でも、初版よりは小さい気がします。

とくに編集されることなくほぼ原型のままです。1985年あたりまでのナムコゲームを紹介している便利な本です。キャラ紹介やストーリー、面構成や攻略法をこと細かに説明してくれているので、今見ても内容が濃いですね。今の人は、この本に紹介されているゲーム自体を知らない人が多いでしょう。

この本の特筆すべき点は、楽譜とドット絵のデータがあるところです。驚くことに、音楽だけでなく効果音の楽譜があるのです!この辺に当時のナムコサウンドチームの技術の高さが分かります。よくパソコンに打ち込んで再生していたのを思い出します。ドット絵が見直されている今、当時のナムコゲームのドット絵データを見ることができるのは、インディーズゲーム作成だけでなく、プログラミング教育という観点からも貴重な資料になります。

1冊4500円税抜で高いですが、今だからこそいろいろな人に手に入れて欲しい1冊です


2020.08.14

イオンマスク

aeonmask.jpg

イオンが6日に発売した、トップバリュのピースフィット極さらマスクが売っていたので買いました。2枚で680円なり。(税込748円)

ゴムひもは結んでいない状態で入っていて、自分で長さを調節可能。イオンの夏用生地を使ったマスクとのことです。早速つけてみました。

見栄えやつけ心地は綿のマスクっぽい感じ。通気性がかなり良く、風が吹くと涼しく感じます。息苦しさはかなり少ないです。繰り返し洗って使えるとのことで、説明ではつけおき洗いをおすすめしていましたが、試しに洗濯機で洗って見たところ、ゴムひもの部分から繊維が1本伸びて出ていました。やはり手洗いの方が良さそうです。ただ、縮んではいないようでした。

数日しか使ってないですが、悪くないです。一つ問題をあげるとすれば「表裏がわかりにくい」。この商品は明確な表裏があり、逆にすると機能低下を招きます。速乾の肌着を表裏逆に着ているようなもんです。なのに、ぱっと見表裏の区別がほとんどつきません。裏の説明に「耳ひも挿入部分に折り返しがある方が裏側です」と書いています。

kaesi.jpg

半分裏返したものです。こう見ると分かりやすいかな?左がオモテ、右がウラです。値段もユニクロマスクとあまり変わらないので、選択肢の一つとして取っておいてもいいかもしれません


≪ 東京都のコロナ患者7月  | 前の記事へ