Blog

2020/8

オールアバウトナムコ

aan.jpg

この表紙を見て「なつかしいな」と思った方は、ゲーセン時代に生きた人ですね。1985年に初版で出た本が、再再販されまして発売されましたーパチパチ。再販時は少し小さかった覚えがあるのですが、少し大きくなったかな?でも、初版よりは小さい気がします。

とくに編集されることなくほぼ原型のままです。1985年あたりまでのナムコゲームを紹介している便利な本です。キャラ紹介やストーリー、面構成や攻略法をこと細かに説明してくれているので、今見ても内容が濃いですね。今の人は、この本に紹介されているゲーム自体を知らない人が多いでしょう。

この本の特筆すべき点は、楽譜とドット絵のデータがあるところです。驚くことに、音楽だけでなく効果音の楽譜があるのです!この辺に当時のナムコサウンドチームの技術の高さが分かります。よくパソコンに打ち込んで再生していたのを思い出します。ドット絵が見直されている今、当時のナムコゲームのドット絵データを見ることができるのは、インディーズゲーム作成だけでなく、プログラミング教育という観点からも貴重な資料になります。

1冊4500円税抜で高いですが、今だからこそいろいろな人に手に入れて欲しい1冊です

≫ Read More

  2020/08/27   otoyabi

イオンマスク

aeonmask.jpg

イオンが6日に発売した、トップバリュのピースフィット極さらマスクが売っていたので買いました。2枚で680円なり。(税込748円)

ゴムひもは結んでいない状態で入っていて、自分で長さを調節可能。イオンの夏用生地を使ったマスクとのことです。早速つけてみました。

見栄えやつけ心地は綿のマスクっぽい感じ。通気性がかなり良く、風が吹くと涼しく感じます。息苦しさはかなり少ないです。繰り返し洗って使えるとのことで、説明ではつけおき洗いをおすすめしていましたが、試しに洗濯機で洗って見たところ、ゴムひもの部分から繊維が1本伸びて出ていました。やはり手洗いの方が良さそうです。ただ、縮んではいないようでした。

数日しか使ってないですが、悪くないです。一つ問題をあげるとすれば「表裏がわかりにくい」。この商品は明確な表裏があり、逆にすると機能低下を招きます。速乾の肌着を表裏逆に着ているようなもんです。なのに、ぱっと見表裏の区別がほとんどつきません。裏の説明に「耳ひも挿入部分に折り返しがある方が裏側です」と書いています。

kaesi.jpg

半分裏返したものです。こう見ると分かりやすいかな?左がオモテ、右がウラです。値段もユニクロマスクとあまり変わらないので、選択肢の一つとして取っておいてもいいかもしれません

≫ Read More

  2020/08/14   otoyabi

東京都のコロナ患者7月

東京を見ればこれから全国で起こることの予見ができるのではないでしょうか。こんばんは。

東京の新型コロナ感染者、1日200人ではあまり驚かなくなってきました。どんどん数が増えていますね。しかし、こういう時こそ分析を欠かしてはいけません。前にも言いましたが、様々な角度から見ておかないと、判断ミスをする原因にもなってしまいます。

今回もとても簡単ではありますが、これだけは見ておく必要のある数字を確認しておきましょう。出典はすべて、東京都のコロナウィルス感染症対策サイトです。グラフは7月からのみ掲載します。掲載にあたり、グラフの数字がわかりやすいように編集しています。

 

まずはおなじみ「新規患者に関する報告件数の推移」です。

新規患者.png

右肩上がりとはこのことですね。多少増減を繰り返しながら増加しているのがよく分かります。ちなみに今日は月曜日にも関わらず(月曜日は週末がからむため、新規患者も少ないことが多い)258人。ゾッとする数字です。

 

次は「新規陽性者における接触歴等不明者数」です。どこで感染したか分からない人です。グラフの下の白抜き棒グラフが感染歴等不明者(以下、不明者)、上の緑色棒グラフがどこで感染したか分かっている人です。オレンジ色の実線グラフが増加比です。(増加比は、1週間前の接触歴等不明者数(移動平均値)との比較)

不明者.png

不明の感染者数も増加傾向ではありますが、増加比(オレンジの実線)は横ばいとなってきています。少し下がっているようにも見えますね。患者数自体が増加しているので不明者数も増えていますが、比率で見ると増加してないようです。これは、保健所などが感染源の追跡をしっかり行っていると見てもいいかもしれません。現場の人の努力に感謝です。

 

そして、最も注目するグラフがこれです。検査人数と陽性率です。緑色の棒グラフが陽性人数、オレンジ色の実線グラフが陽性率です。新規患者数も増加傾向ですが、PCR検査数もどんどん増やして1日5000件を越える日も出てきました。

陽性率.png

陽性率(オレンジ実線)の変化が少なくて見にくいですが、最新の数字では6.5%です。ゆっくりじわじわ上がっていましたが、6%あたりで落ち着いてるようです。

7月頭から1%上がっています。これをPCR検査数から判断すると、7月頭に比べて、おおむね患者を1日あたり10〜20人前後押し上げている計算です。患者数自体は、7月頭より今の方が1日100人以上増えていることから、PCR検査の増加から新規患者数が増えた、言い方を変えれば感染者を見つけ出していると見ていいと思います。4月の陽性率が30%くらいだったこともあるので、まだ頑張っているほうかもしれません。

 

最後に、入院患者数を見てみましょう。

入院患者.png

7月から増加傾向が目で見て分かるようになってきました。緊急事態宣言下の2000人程度に近日中に追いつきそうです。重傷者数は、前回検証した時より10人増えて15人。率にすると1.02%から1.14%に微妙に増えてます。圧倒的に軽症患者が占めている傾向に変化はないようです。ただ、20代30代が大半だった感染者が、40代以上の人も増加傾向というデータもあります。このまま増え続けると4月の頃のような医療現場の逼迫が起こるのも、時間の問題ではないでしょうか。

前回検証した時より患者数が明らかに増えていますし、陽性率もわずかに増えています。軽症者が多いことに変わりないですが、分母が大きいと重症になる人の増加も可能性が高まります。こういう時こそ、ソーシャルディスタンスや適切なマスクの着用など、感染対策をしっかりして社会生活を営んでいきましょう。9月には増加傾向が落ち着いていることを祈って。

正しく怖がろうコロナウィルス!

≫ Read More

  2020/08/03   otoyabi

花火も家で

hnb.jpg

どうぶつの森で花火大会が始まりました!

世間では新型コロナのおかげで軒並み花火大会が中止になる中、せめてゲームの中だけでも花火大会を感じたいですね。来年落ち着いていたら、いろんな花火大会を見に行ってやる・・

≫ Read More

  2020/08/02   otoyabi