最新の記事

2021.05.07

ばーすでー

cake.jpg

昨日でした。もうこの歳になってくるとめでたい気がしなくなってくるけどね。とりあえずアイスケーキなるものを1本買ってきて食べました。これはその切った後ですけど・・

そして、しばらく更新してませんでしたが、仕事の関係で引っ越しまして。引っ越しの間パソコンのセッティングをさぼっていたせいもあります。

また次の歳をとるまでの1年が始まりました。なんとか平穏に過ごせますように。


2021.04.21

apple新製品

mac20213.png

昨日深夜2時にappleのイベントがオンラインでありました。しっかり起きて見ていましたとも。今回、新しいiPadminiが出るかもって言われていたので楽しみに見ていたら、最後まで発表はありませんでした・・しかしさすがapple。わくわくする新製品が出ていましたね。

imac2021.jpeg

新しいiMac。カラーバリエーションがたくさん、M1チップ搭載デザイン一新。スタイリッシュ。中身は今まで出たMacbookairやMacminiと一緒なのに、この存在感だけで欲しくなる。

ipadpro2021.png

そしてiPadPro。これにもM1チップ搭載で、12.9インチはミニLED搭載で画質が大幅に向上している模様。これは早く実機を見てみたい。

しかし問題は価格。iMacの内蔵SSDが256GBだと心もとない。512GBにすると20万ですよ・・

そしてiPadpro。12.9インチセルラーで一番安いのでも15万円。モリモリ積み込むと(2TB)28万ですよ。Proを冠するapple製品は手が届かなくなっていくのでしょうか。いまだに現役のマイ初代iPadPro9.7インチ、もう少しがんばってもらうことになりそうです。当時10万円でも高いと思ったんですがねぇ・・


2021.04.09

真・リアル麻雀

srm.jpg

いやぁこんなものが出ていたのですね。ゲーセン世代の人なら誰でも知ってる麻雀ゲーム「スーパーリアル麻雀」

この頃の麻雀ゲームは、勝つとなぜか女性キャラが脱いでいく脱衣ものが多かった時代でした。その中でもかわいい女の子がなめらかなアニメーションで脱いでいく先駆けとなった「スーパーリアル麻雀」シリーズは人気となり、その後家庭用ゲームに移植されてきました。しかしこの頃ゲーセンの脱衣麻雀ゲームはほぼ裸になるまで脱いでいたため、どの移植でも謎の光で大事なところを隠したり、下着までは脱がなかったりと規制との戦いでした。

そこで、パソコンゲーム専用とした上でアダルトゲームにジャンル分けをするという大胆な決断をし、ついにゲーセン版のほぼ完全移植にこぎつけたというわけです。そうです、買うときに20歳以上か質問されてしまうゲームになりました。しかしそれは全く問題になりません。最初に書いた通り、スーパーリアル麻雀世代に未成年はいません。

さっそくプレイ。P2〜P4まではグラフィティとしてまとめて収録、P5〜P7は個別に収録されています。スーパーリアル麻雀は理不尽なほどCPUが強いことで有名ですが設定で難易度調節できる上、負けても服を着ない設定にもできるため、リズムよく進めることができます。つまり、どんどん脱がせられます!さすがに今となっては決してクオリティが高いアニメーションとは言えませんが、当時を思い出すには十分です。懐かしいですねー

最近は最新のハードで昔のゲームがどんどん移植されて、いい時代になってきています。このソフトも、その1本に数えられることになりました。ゲーセンの思い出に浸るアイテムとして、買ってみてはいかがでしょうか。


2021.03.31

まんぼう

ocean-sunfish-mola-mola.jpg

はい。3月ももう終わりですね。3月最後は、ちょっと違和感ある話をします。

ネットニュースでも取り上げるところがちらほら見受けられます。「まん延防止等重点措置」の略称「まん防」です。民放が主に言っており、NHKでは「まん延防止」など言い方を変えていることが多いようです。

説明する際にこうアナウンスしています。「まん延防止等重点措置、いわゆるまん防」謎の言い回しです。「いわゆる」は世間でいう・俗にいうという意味になり、いわゆるの後につくのは世間でよく使われている言葉がきます。マスコミは「まん防」が世間に浸透していると思っているのでしょうか。テレビ・新聞などのテロップや見出しに使いやすいために、意図的に広めている可能性があります。

ここで問題が2つあります。1つは、略語がすでに存在している動物の名前であること。「まん防」と聞いても魚のマンボウが最初にイメージされてしまい、本来使いたい意味での「まん防」としてとらえにくいところ。「マンボウ、4月より大阪に適用へ」って見出し見て、大阪の水族館に新しいマンボウがくるのかと勘違いするという冗談みたいなことが起きかねません。

もう1つは、本来のシステムとして浸透しづらいところ。新型コロナ対策の緊急事態宣言の次に重要な取り組みのはずが「マンボウ」の言葉だけが一人歩きしてしまい、まんぼうって言葉は知ってるけど、結局何なの?って人を増やしてしまう危険があります。緊急事態宣言を「きんじ」とか「きんせん」などと略さなかったのに、まん延防止等重点措置だけなぜ略するのでしょうか。文字数で見ても6文字と10文字なんですけど。●文字以上は略語を使うというルールでもあるんですかね。

略してもいい言葉はどんどん略していいと思いますよ。略語大好き日本人。でも、略してはいけない言葉もあるはずです。特にマスメディアには配慮してほしい気持ちです。

 


2021.03.21

スイッチもいいけど

3dsde.jpg

黄色っぽいのは照明のせいです。3週間ぶりにこんばんは。

自分がゲームに燃えていた時代が、もう30年前という事実。大人になるってどういうことだろうと思っていましたが、今でもゲームをやってるし。人間変わらないものです。成長してないだけかもしれませんが・・

久しぶりに3DSを触っていると、ついつい遊んでしまいます。ちょっと調べてみたら3DSが盛り上がっていたのも10年前くらいという衝撃。時間の流れがこわいです。

そんなわけで、3DSゲームをしばらくたしなむことにしますか。ではまたー


≪ 看護師不足  | 前の記事へ