Blog

2021/01

アストロシティミニ

セガのゲームセンターでよく見かけた汎用筐体シティシリーズ。私の知る限り5種類あります。時代順にシティキャビネット・エアロシティ・アストロシティ・ブラストシティ・ネットシティです。その派生でニューアストロシティ・ニューネットシティと、ネットシティにはシットダウンとアップライトタイプがあります。シティシリーズ意外に多かったりします。今思い出したけど、4人用のスイング筐体もありましたね〜なつかし。

その中で1990から2000年くらいのアーケードゲームファンなら一度は見たことある筐体、アストロシティ。最近の復刻ミニブームに乗って小さくなって復刻したのがアストロシティミニです。買いました!

astrom1.jpg

当時のゲームセンターのアストロシティに入っていそうなゲームを収録しています。筐体の上半分をモチーフにして、なかなか精巧に作られています。当然、筐体の下半分も別売りでありますよ。

astrom2.jpg

箱から出すとこんな感じです。比較にスーパーマリオのゲームウォッチを。アストロシティミニは見た目大きめの画面ですが、実際に表示されるエリアは一回り狭く、もっと大きく表示してほしかったのが本音です。

astrom3.jpg

縦画面ゲームを表示すると、ゲームウォッチに負けない小ささとなります・・しかし、レバーとボタンは小さいながらも操作感はなかなかのものです。このままでも十分ゲーム可能です。ちなみに上の緑ラインは電源入れると光ります!本物のアストロシティは光りません!

astrom5.jpg

そんなわけで、本格的に遊ぶにはテレビに映すのが前提です。入っているゲームは全部アーケードゲームの移植で、1985年〜90年前半のセガゲームばかり。なかでも特筆すべきはセガシステム32のゲームがたくさん入っていること。コアなセガファンでなければほぼ遊んだことがないマニアックなラインナップです。アラビアンファイトやダークエッジ・ゴールデンアックスデスアダーの復讐とか知っている人おるんかいな。私はその時代現役だったので大歓迎です。

astrom4.jpg

ラッドモビールもシステム32。第一弾ですね。大型筐体ものだったので当時アストロシティに入ってませんが、アストロシティミニには入ってる。これが遊べるのも嬉しい。メジャーなゲームも収録される中、あえてマイナーゲームも収録してくれたチョイスに敬礼!

 

≫ Read More

  2021/01/13   otoyabi

明けましておめでとうございます2021

new21.jpg

2021年最初の更新です。今年もよろしくお願いします。

おとかるホームページを立ち上げたのが2002年になります。何年か休止していた時期もありましたが、今年は19年目、来年は節目の20年目に突入します。当時携わっていたゲームセンターですが、衰退の一途を辿っていき、去年のコロナでとどめを刺されてしまった雰囲気があります。セガがゲームセンター事業を撤退したというのが大きな話題でした。

だいぶ前からゲームセンターはメダル・プライズゲームが主流となり、いわゆるテレビゲームというのは家庭やスマホにほぼ移行したといえます。本来強みだった「家庭用ゲームとのクオリティの差」は完全になくなり、「1プレイ100円でお試しプレイ的な要素があった」のも、基本プレイ無料ゲームや体験版の配信の浸透により機能しなくなっています。操作系に関しても、レバーとボタンを触ったこともないって人も普通にいるんじゃないでしょうか。ゲームに関わってきた自分としては、寂しいものです。

ただ、この時代に生まれたゲーム自体は今でも細々と活かされています。PS4やニンテンドースイッチ・PCで遊べるゲームも多く、M2などのメーカーにより追加コンテンツなどの要素をつけて続々と復刻されています。ゲーム基板も一部のコレクターに支えられています。このホームページも、何らかの形で続けていきたいなと思っていますので、たまにでも見にきてもらえたら幸いです。

さて、ソフマップの500GBハードディスクレコーダー福袋、届きました!

fuku21.jpg

どーん。ビックカメラの箱に入っています。ソフマップはグループ傘下です。私はソニーだったら嬉しいと思って、ドキドキしながら開封!

fuku21-2.jpg

東芝でした・・でも、テレビは東芝レグザ派なので、これはこれでよしとしよう。

≫ Read More

  2021/01/04   otoyabi